謝罪を求めているよりか真相を確かめたいと思われる

関西学院大学アメリカンフットボールの監督などの記者会見で納得が出来てない所もあって再度だったが質問状を日本大学に送り付ける予定があったがこの会見から数日後に日本大学アメリカンフットボール部の監督や選手など関西学院大学まできて謝罪をしたと言うがその間にもいろんな事があったが監督が辞任する事になったがこれもちょっと言いずらい事であったと思われている。

この会見までには関東大学アメリカンフットボールに加盟している大学から試合を取りやめる所が相次いだが今回の事態を重く受け止めたが日本大学を除く加盟をいている大学から第三者委員会の開設を求めていいると言う。

今回のラフプレーだけではなく監督の行動がどう見も怪しいと思われている所が多く日本大学の部員もこうした監督の行動に対しての言動があったと言うが当の監督は否認をしている事ですれ違いをしている所もあるとわかっているが既に関西学院大学側のビデオなどこうした動きも撮っていると言う所もあると思われているかも知れないという事になると見逃せないと思っている。

そして、一番の要因となっているのがSNSから選手に対しての言動もあってか責任を感じている所もあるという事で辞めたいという気持ちがあったと言うがこの選手も関西学院大学まで行って被害の学生を謝罪をしたと言うが親も納得が出来てない所もあると言うがこれ誰が指令したのか真相が明らかになってないと言う所もあるので複雑だと思われている所もあると感じられいてる。

所が被害者側は警察に被害届を提出した事でもっと真相を明らかにしたいと思われている。

今でも前監督は否認をしていると言うがいずれは明らかになる所もあると思うのでこれからだと思っているのです。

トップコンビ貴城けいさんと紫城るいさんのサヨナラ公演

2006年に宝塚歌劇団宙組で上演された幕末青春グラフィティー『維新回天・竜馬伝!』−硬派・坂本竜馬III−。この公演は、トップスター貴城けいさんとトップ娘役紫城るいさんの宝塚大劇場お披露目公演でもあり、お二人の宝塚歌劇団退団公演でもありました。
坂本竜馬を貴城さんが、竜馬の妻となるお竜を紫城さんが演じました。竜馬の盟友中岡慎太郎を次期トップスターに内定していた大和悠河さんが演じました。この公演が宙組生として初めての他宝塚大劇場公演となった蘭寿とむさんが徳川慶喜を演じました。同じく初めての大劇場公演となった北翔海莉さんが、桂小五郎を演じました。
7年目までの若手だけで演じる新人公演では、早霧せいなさんが坂本竜馬を演じました。早霧さんは2度目の主演でした。お竜役は、早霧さんの同期の和音美桜さんが演じました。和音さんは初めての新人公演のヒロインでした。中岡慎太郎役には、蓮水ゆうやさんが選ばれました。