現在のサッカー日本代表ハリルジャパンについて(その2)

現在のサッカー日本代表ハリルジャパンについて書きたいと思います。2018年のワールドカップが、本田圭佑選手や長友選手、長谷部誠選手、川島選手、岡崎選手等は最後の大会になると思います。2014年ワールドカップは、見せ場もなく破れてしまったので、2018年ワールドカップでは何か見せ場は作ってほしいですね。2018年ワールドカップ大会終了後、本田圭佑選手や長友選手は、しばらくは代表の試合をこなすと思いますが、世代交代の時期を向かえるでしょう。2006年ワールドカップ大会終了後に中田英寿選手が、選手を引退しました。その後、2006年〜2010年までは日本サッカーは停滞期を向かえました。それと同じ現象が、2018年〜2022年に起こると思います。停滞期が2018年〜2022年にかけて来ると予想されるのです。またかつてのオシム監督のように、代表を一から育ててくれる監督が必要になると思います。未来はどうなるのか分かりませんが、とりあえず今はハリルジャパンを応援しましょう。