鉱物とその適切などについて探究をしていた

鉱物などについて学業をしました。鉱物の流れは化学組成だけでなく、クリスタル体制によっても異なります。地殻を構成している大部分の鉱物のクリスタルは、4つの酸素とその中心にケイ素を取り込む正四面体の関係がその骨組みとなっています。そういう鉱物をケイ酸塩気鉱物といいます。化学組成が連続的に変化するものを固溶体といいます。石英以外の主な造岩鉱物は固溶体だ。マグマは地中の岩石がとけてできたものです。しかし、地殻・マントルともに通常は固体であり、地中の濃いところにどこでもマグマが居残るわけではありません。地中の気温は深さとともに上昇し、マントル上部でかんらん岩質岩石のとけ始める気温に近づきます。この付近で気温の伸びや緊張の退廃が起こると、マントル上部のかんらん岩がとけ取り掛かりマグマが発生します。また、マントル上部に水が存在すると、かんらん岩の融雪気温が下りる結果岩石がとけ取りかかります。知らないことを知れて良かったです。http://www.gay-deai.info/musee-hanashita.html