夫が休みの日。母は、朝からフル稼働でした

朝我が家はいつも、ゆっくりだ。9時前におきた。なのに夫は、「もう少し寝ていいよ」と言う言葉を鵜呑みにし寝ている。6カ月の息子のお粥のストックを作るのを忘れていたことを思い出し、朝から作ろうと思いきや、冷凍しているご飯すらない。うどんならあるが食べ始めなので大量に食べアレルギーがでても困るので少しずつしかあげれない。なので普段半分以下の量しか炭水化物をあげれない。野菜も食べる量が多く大量にあげるとストックがなくなってしまう。しかたなく、炊飯器で七分粥を炊く。そこから、皆の朝ご飯作りだ。お腹が減っている息子は、八朔を出し「これを食べる」という。お腹すいているんだからと思い皮を剥く。食べている間は、大人しい。その間に食パンを半分にし、半分にジャムを塗りもう半分をのせる。それをトースターで焼く。その間に息子に夫を起こしてもらい、下の子の離乳食のストックを温め夫に食べさせてもらう。パンが焼けたら息子と夫にパンを出して食べさせる。夫が休みの日でも休めない母。たまにはゆっくり寝させて欲しいと思った朝でした。