初めての自家製フェルト形に挑戦してある

わたくしは現下、羊毛フェルトならぬ犬ヘアフェルト形を作成中だ。羊毛フェルトは綿もののやんわりの繊維を狭い針で刺し固め、形態を仕立てる裁縫だ。針の尖端にはちっちゃな突起が付いてあり、そこに引っかかった羊毛が少しずつ絡まって固まっていきます。現在かなり流行っているようで、TVも特集が組まれていました。
私の夫人も短時間やっていたのですが、飽きてしまったようでキットだけ残ってあり、私も視線がなかったのでそのままにしていました。但し現在愛犬の美貌院を予約したところ、ちょっと「こういう犬のヘアでフェルト形を作れないだろうか」と思いました。ネットで調べた部分、愛犬のヘアで形を仕掛ける他人は結構多いようです。また、亡くなった愛犬のヘアで覚え書きにといった形を創る人も多いようです。その支出に合わせ、フルオーダーで発注生産しているミュージシャンちゃんのサイトもちょこちょこ見かけました。ただオーダーするとやけにお金が罹り、人気の結果時間もかかるそうです。わたくしは学生時代に芸術を専攻しており、オブジェを作ったりしていたので、自分で作ってみることにしました。
美貌院であらかじめヘアを取っておいてもらえるようお願いしました。抜き前に洗いを通してもらえるので、もらったヘアは綺麗で、洗浄する必要はありませんでした。うちの犬は巻きヘアなのでよく絡んでくれて、纏めやすかっただ。
気持ちよくネットでレシピを見ただけですが、単純に針を刺せば良いだけなので、アッという間にサマリーが掴めました。
直径3cm、長さ10cmの動体を主として2間隔、前足後ろ足を半で作成しました。慣れたらなおさら素早く焼けると思います。
もうすぐ面構えを作って行くのが難しそうですがはなはだ楽しみです。キレイモ 学割